*

睡眠障害

本来であればニコチンを吸収する事により睡眠障害が起こるのですが、最近は禁煙が原因で禁煙鬱と同時に睡眠障害になる方が増えているようです。
通常の睡眠障害(不眠)は、タバコのニコチンやコーヒーのカフェインが原因で起こります。
ニコチンやカフェインには覚醒作用があるため、夕方から夜にかけて大量に摂取すると、なかなか寝れない日もあると思います。
逆に残業や夜間勤務をしている方には眠気覚ましに最適なんですが、実際は体は睡眠を必要としているのに無理矢理覚醒させているだけの話であって、体に良いとは言えませんね。
そして今回注目しているのが、最近の禁煙ブームにより日に日に増えてきている「禁煙による睡眠障害」です。
全く逆の症状が現われているという事ですね。
でも「禁煙による睡眠障害」については、稀に現れる症状であり、全ての禁煙者が睡眠障害になるというわけではありません。
更に自分が禁煙したからと言ってこのような症状が現れるかどうかは誰にも分かりません。
誰にも予想できないことですし、全ては本人の煙草に対する依存度によるものだと考えます。
依存度が強ければ強いほど、現れ易くなる症状ではないかと。
最後に、私の禁煙体験からレビューしてみます。
正直申しまして、私は禁煙による睡眠障害は一切感じませんでした。
もちろんタバコを我慢することによる精神的な苦痛は味わいましたが、禁煙鬱などの症状も一切現れなかったので、それほど依存度が高くなかったのだろうと今になって思います。
ですので、私の場合は上記とは逆に禁煙することで眠たくなる事が多々ありました。
会議の合間など、今までタバコを吸って体を覚醒させていた場面で吸わないわけですから、その後の会議で眠たくなるわけです。
仕事中も眠たくなることが多々ありました。
特に昼食後の午後1時から3時辺りまでは、毎日のように睡魔に襲われてましたよ(笑
禁煙して450日が経過した今は、稀に昼食後だけ眠くなる程度です。
人間の体は本当にどのような状況にも慣れることが出来るものです。
そして、今の状態が本当の姿であると思います。
タバコの代わりに毎晩の晩酌が楽しみになってますが、たまに設ける休刊日に必ず睡眠障害になります(汗

Sponsored Link

スマホアンケートで月3000円のお小遣い

最初はタバコ代を稼ぐために始めたアンケートサイト

今は禁煙したので単純にお小遣いが増えるだけですが(笑)
通勤時や仕事の空き時間にスマホで回答できるのでとても便利ですよ♪
現金化したくないって方は電子マネーがおすすめです。


関連記事

褒められる

禁煙382日目にしてやっとこの記事を書くことができます。 最近、私が禁煙したからといって周りか

記事を読む

禁煙とタバコと肺活量

禁煙効果として自分で体感できる事の1つです。 特に測定器で測ったわけではなく、ふとした瞬間に「

記事を読む

8日目に現れた効果

この効果は正直言いまして、8日目に出た物ではありません。 禁煙当初から8日目まで様子を見た結果

記事を読む

禁煙すると太る理由

禁煙をすると太る(体重が増える)という話を何度か聞いたことがあります。 これは私も認めます。

記事を読む

5日目に現れた効果

5日目という事で、最近の禁煙効果についてご報告します。 それほど大きな効果は感じてませんが、小さい

記事を読む

Sponsored Link
  • 30分
    • 血圧と血流が回復
    • 体内のニコチンが消え始める
    2時間
    • 体内のニコチンが殆ど消える
    • 体温が上昇に伴う眠気とだるさ
    12時間
    • 血液内の酸素濃度が増える
    • 呼吸が楽になり疲れにくい
    24時間
    • 肺の復元活動が始まる
    • 無性にタバコが吸いたくなる
    2~3日
    • 体内のニコチンが完全に消える
    • 味覚が少しずつ復活してくる
    • 肺活量がUPし呼吸が楽になる
    • 禁煙者には最も辛いピーク時
    • 眠気が強くなる
    1週間
    • 寝起きが良くなる
    • 食欲がわいてくる
    • なんとなく息苦しい感覚
    3週間
    • 意味もなくタンが出る
    • 本来の食欲に戻り始める
PAGE TOP ↑