時間に余裕が出てくる

タバコを止めると同時に時間に余裕が出てきます。

単純にタバコを吸っている時間が自由になるので、その分余裕が出るという事ですね。

最初は本当に戸惑いました。何をすればいいのかと。

つまり、禁煙成功するには禁煙によって追加された自由な時間をどうにかして埋めなければならないという事です。

やはり禁煙には色々な要素が混じり合っているのですね。

現在禁煙110日目ですが、今となればこれが普通に感じてきます。

もしタバコを吸っていたら・・・と考えると、本当に無駄な時間に思えます。

タバコを吸っている間は手が止まりますから、キーボードを打つこともできません。

仕事中はくわえタバコはまずいので、一服=休憩となってしまうのです。

こんなんじゃ仕事が進むわけありませんよね。

最近はタバコを吸わないのが普通になってしまったので何とも思いませんが、

禁煙当初は時間に余裕が出てるなぁと本当に実感していました。

1本吸うのに3分~5分かかりますよね。間を取って4分としますと、

私の場合、1日に2箱吸っていたので40×4で160分・・・。

え?って思いませんか?

160分ですよ?約2時間半です・・・。

こう考えてみるとなんだか恐ろしいですね。

3分計算でちょうど2時間ですから、かなりの時間をタバコに費やしているのが分りますね。

時間も減るし、お金も減る・・・本当に「百害あって一利なし」ですね。

仕事以外でもいえる事ですが、時間を有意義に使いたいと思っている喫煙者の方は、

是非この機会に禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク