タバコと女性ホルモン

先日のテレビ番組でタバコの害について放送されていました。

タイトルは「女性ホルモンとタバコについて」

この女性ホルモンというものが何のことだかご存知ですか?
その名の通り、女性の健康と美容を守る女性特有のホルモンの事です。
つまり、ニコチンが女性ホルモン(エストロゲン)の分泌や作用を低下させ、月経不順や不妊、骨粗鬆症の原因になるそうです。

さらに、血管を収縮させ血液が流れにくくなるので、冷えや肌荒れ、おなかの赤ちゃんの成長障害を招いたり、タバコに含まれる多くの発ガン性物質により子宮頸部のがんに罹りやすくなるという事も頻繁に言われています。

つまり女性がタバコを吸う事は、本当に体に良くないことなんです。
歳の増加と共に減少していく物で、シワシワの肌やバサバサの髪は女性ホルモンが多いに影響していると考えてもいいでしょう。

もう1つ言いたい事があります。それは、タバコと発病率について。
分り易いように「喫煙者・禁煙成功者・非喫煙者」と大きく3つのレベルに分けてみましょう。

男性であれば、禁煙成功者と非喫煙者の発病率は殆ど変わりはありません。
ですが、もちろん喫煙者と非喫煙者の発病率の差は、倍以上違います。
つまり男性なら、タバコを止める事によって発病率を大幅に減少させる事が可能という事です。
禁煙することにより、得る物が沢山あるとも言えますね。

では女性はどうでしょう。

女性の場合は男性とはちょっと異なってきます。
男性では殆ど変わりが無かった「禁煙成功者と非喫煙者の発病率」

実は女性の場合ですと、禁煙成功者の方が確実に発病率が高くなってしまうんです。
つまり、1度でも喫煙者になった方は一生発病率が高いという事になります。
ただ上記は「循環器系」に関してのみ言われている事で、また禁煙しても全く発病率が下がらないという事ではありません。
禁煙成功する事に越したことはありませんよね。

この「女性喫煙者の発病率」ですが、これが女性ホルモンと大きな関係があるようです。

女性ホルモンは血管機能を良好に保つNOを促進する働きがあり、喫煙はその女性ホルモンを抑制しています。
つまり、上記で発病率が下がらないと挙げられた「循環器系」と女性ホルモンが直接的な関係があるという事です。
循環器系の病気にならない為には、禁煙はもちろんの事、女性ホルモンを減少させないという事がとても重要なのです。

番組でも紹介されておりましたが、女性ホルモン(エストロゲン)と似たような働きをするという事でイソフラボン(プエラリン)が現在とても注目されています。

イソフラボンは日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の発生率の低さの秘密だ」という事で、現在欧米でも研究が進められているようです。

豆や豆乳が苦手な方や、ヘビースモーカーの方は特にイソフラボン(プエラリン)に注目ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク